中央区の創業融資に強い税理士

東京都中央区日本橋大伝馬町17-4 綱川ビル5階

公庫融資を受ける13のコツとは?

中央区創業支援をしている税理士の今井信吾です。
今回のブログでは、公庫融資を受ける13のコツ
についてご説明したいと思います

明日、春の嵐が吹くそうです。
会社の起業決算もラッシュの時期です。

今回のブログでは、
公庫融資を受ける13のコツとは?」
についてお伝えしますね。

ご存知だとは思いますが、
銀行融資は簡単には借りれません。
当然、計画的に準備した方が有利に借りれま
す。

私がこの10年間100%融資実行に導くこ
とができたコツをご紹介したいと思います。

①手元資金は多い方がいい
手元資金とは決算日現在の現金・預金残高の
ことをいいます。

②売掛金について

イ)長期滞留債権や回収の見込みのない債権は
ないか?

ある場合は売掛金から破産更生債権に勘定科目
を振り分けるか、債務免除などして貸倒償却
処理しましょう!

ロ)主要な売掛金先が金融機関のブラックリ
ストに載っていないか?

これが原因で借りられないことがあります。
入金されるまで待ってから融資申請する方が
いいですね。
こういう取引先とは今後は取引しない方がい
いですね。
回収できなかったことを考えた方が安全です。

③在庫は適正である

適性在庫を超えると、デットストックがある
のでは?あるいは、粉飾決算をしているので
は?などと疑われます。

売れ残り商品などは、現在の売値に修正すべ
きです。
棚卸資産回転日数は中小企業の場合、30日以
内が理想です。

④役員貸付金や関連会社貸付金はないか?

こういった貸付金があると、今回の融資
そちらに使われるのではと思われて融資
断れることがあります。

返済して残高をゼロにするのが理想です。
できなけれな少しづつ返済して残高を減らし
ていきましょう。

⑤社会保険料や家賃、クレジットの支払いが
期限通り支払われている

経営者の支払いに対する姿勢を見られます。
少なくとも直近半年間は遅れのないように
気を付けてください。

⑥源泉所得税やその他の税金が期日通り
支払われている

遅れいていると融資をうけられないこともあ
ります。

⑦役員借入金は固定負債に計上されている

よく流動負債に計上されていることがありま
すが、1年以内に返済する予定がなければ固
定負債にしてください。

⑧自己資本比率は適性である
役員借入金が多い場合は、資本金に充てる
ことができます。
これを現物出資といいます。

これにより自己資本比率を短期間に容易に
改善できます。

⑨債務償還年数は適性である

債務償還年数が10年を超えていると融資
難しいでしょう。
経常利益を適正に計上できるように努力しま
しょう!
売上高経常利益率6%が目安です。

⑩売上高は損益分岐点は超えている

融資後の売上高が借入金の返済も考慮した
損益分岐点を満たしていなければ、
返済原資がないことになります。

⑪月次決算はされている

経験上、月次決算をしていない会社は
倒産リスクが高くなります。
月次決算をして、顧問税理士から毎月レビュ
ーをもらっていると公庫の評価が上がります。

⑫毎月、顧問税理士からアドバイスを受けている

外部専門家に財務面のアドバイスを受けてい
ると非常に評価があがります。

⑬上記の定量要因を見たしていない場合は、
経営改善計画を作成する

上記①~⑫のいずれかを満たしていなくても、
今後、改善していきますという計画を作成して、
そのやる気を書類で伝えましょう!

では、さっそく上記の13項目をすべてチェ
ックして、融資の準備をしましょう!

本日は、公庫融資を受ける13のコツについて
お伝えしました。

●追伸
当事務所では「創業融資の相談窓口」を
開設することになりました。
詳細はこちらをご覧ください。

今井会計事務所は、中央区を中心に
決算申告創業融資に関する
サービスを提供しています。
開業間もない(開業予定)オーナーさんは、
お気軽にご相談下さい。

まずはお気軽に無料顧問相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

03-5640-2878

お問合せ・ご相談は、お電話またはメールまたはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00 ~ 18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せはこちら

まずはお気軽に無料顧問相談・お問合せをご利用ください!